中学生で145センチは低身長?

中学生の娘がいます。

 

まだ145センチなので、とても心配しています。

 

小学6年生の時に10センチぐらい伸びたので、このままどんどん伸びるかなと思っていたのですが、中学校に入り、ぴたりと止まってしまいました。

 

よく女の子は生理が始まると、もう身長はあまり伸びないと言われています。

 

うちの子は5年生で生理が来てしまったので、それが原因なのかなと思っています。

 

子供の身長を伸ばすために、食べ物で何とかできないかといろいろやってみました。

 

ですが、今のところ、身長はぴたりと止まってしまったままです。

 

小学校の低学年のうちに病院へ連れていっておけばよかったのかなとも思って、少し後悔しています。

 

私の妹は20才まで少しずつ伸びたと言っているので、少しずつでも伸びていってくれたらと思っています。

身長が伸びそうな食べ物を意識した

子供の身長を伸ばすために、身長にいいと言われる食べ物は、薬以外は試してみました。

 

まずはタンパク質。

 

小学校の中学年ごろから肉の量を増やしました。

 

これで伸びてくれたらと思っていましたが、そんなに急激は変化はありませんでした。

 

よく背の高い子は牛乳を水がわりに飲んでいたと言っているので、牛乳も飲むようにしていました。

 

これもうちの子にはきかなかったようです。

 

また、食べ物以外では、昔、ぶら下がり健康器があったのですが、そのような感じで鉄棒にぶら下がっていました。

 

これで骨が伸びて、背も伸びてくれないかなと期待をしていました。

 

これも劇的な変化は見られませんでした。

 

それから、よく寝ることです。

 

寝る子は育つと言いますが、よく寝てはいるものの、身長には反映されませんでした。

専門医に診てもらえばよかった

子供が小学校の時は中学に入れば身長は伸びるだろうと思っていました。

 

そして、中学生になった今、身長が全然伸びないので、親も子もかなり焦っています。

 

女子は男子と違って中学校で伸びなければ、もう伸びないという人もいます。

 

小学校の時に専門医に一度診てもらえばよかったのではないかと、今更ながら思っています。

 

専門医にいけば、生理になる前に何とかもう少し身長を伸ばすことができたのではないかと思うからです。

 

女子の場合、生理が関係してきます。

 

これがいつ来るのかわからないので、まだ伸びるだろうと楽観的に考えるのはしないほうがよかったと後悔しています。

 

専門の先生なら、注射や薬などで、何かできたのではないかと思っています。