親が小さいとやっぱり子供も小さくなる?

主人も私も身長が高くはありません。

 

私は標準程度、主人は標準より少し低めですが身長が低いとは感じていません。

 

娘はもともと小柄な子どもだなとは思っていました。

 

母子手帳に掲載されている身長の発育曲線でグラフの帯内にギリギリ入るか入らないかでした。

 

幼稚園に入園をして他の子どもに比べてすごく小さいと感じたことを機に悩むようになりました。

 

なかなか身長が伸びないことも悩みのひとつでした。

 

牛乳を朝とお風呂上がりに各コップ一杯飲ませてカルシウムを取るように試みましたがなかなか身長が伸びませんでした。

 

私自身もう少し身長が高くなりたかったので娘にも標準よりは高くなってほしいと願っていたので余計に考えてしまうようになりました。

セノビックでカルシウムを補給

小児科の先生に相談をしたら、「今すぐになにかしらの治療をしなくてもいいよ。

 

極端に身長が低い訳ではないないので、もう少し成長の様子を見ましょう。

 

カルシウムの摂取も良いです。

 

運動をすることで成長が促されるので適度な運動をさせてあげてください」と、言われました。

 

CMで見かけたロート製薬の「セノビック」を通販で購入して毎日飲ませました。

 

飽きがこないように、いくつか味が違う種類を購入して飲みました。

 

友人の誘いもあって、以前から習わせてみたかったバレエ教室に通い始めました。

 

子どもがバレエを習うのをすごく嫌がったら、娘には向かなかったと諦めようと思いましたが、とても楽しいようでバレエ教室に通うことを楽しみにするようになりました。

 

適度な運動が好きなようでした。

運動と栄養で平均くらいに伸びました

バレエ教室で体幹を鍛え、姿勢が良くなりました。

 

セノビックを飲み続けたことが良かったのか、バレエ教室に通うことが良かったのかどちらが効果があったのか正直、わかりませんが娘は徐々に身長が伸びていきました。

 

幼稚園の年少組の頃は本当に小さくて、1学年以上下の子どもよりも小さいくらいでした。

 

それが年長組になる頃には同じ年齢の子どもたちと同じくらいまで一期に身長が伸びました。

 

母子手帳の発育曲線の帯内にしっかりと入るくらいまでに伸びました。

 

低身長で悩んむことがなくなりました。

 

子どもはあまりにも私が一生懸命、カルシウムを取らせようとしたり、セノビックを飲むように言うことがプレッシャーになってしまっていたのではないかと今は思います。

 

もっとゆったりした気持ちで対応すればよかったなと今は反省しています。